www.koleso-kz.com

自動車を所有しているあなたは知っているはずですが、自動車税という税金を支払う義務があります。そして自動車税は、査定に出す車売却時に一般的に還ってくる税金なのです。ちょっとやってみると直ぐに頭に入ってきますが、それでは最初から順を追って詳細に説明することにしましょう。説明をすれば、日本で生産されているクルマのみが対象ではなくドイツ車等も税が戻ってくる範囲になります。これは自動車もそうですね。自動車税というのは車の所有者が支払わなければならないお金なのですが、税額は自動車の排気量の大小によって規定されています。1リッター以下のであれば29500円となり、1リッターより上で1.5リッターまでが34500円です。その後は500ccずつ5000円ずつ増えます。それからこの金額は4月1日現在ので車を所有している人がその年度の全額を払う義務があります。つまりは先払いになるということですから、車を売却して所有権を手放した際などは前払いした分のお金は還ってくるのです。税の場合は前払いで年度内のお金を支払いますのでその翌年3月までの間に車を引き取ってもらった場合には、買い取った所有者が自動車税を支払わなければいけないのです。買取先が買取専門業者なら、買い取り時にあなたが支払いすぎた税額を返してくれます。要は所有権が移った際より後の税金は、入れ替わったオーナーが払わなければなりません。もしもあなたが10月のうちにクルマを手放したケースでは、11月から翌年3月いっぱいまでの払った税金は戻ってくるのです。というのも、前述した通り自動車税という税金は先払いであるという決まりからもわかります。まとめると、あなたは買取先に税金を返金してもらうということです。個人的に自動車を買い取ってもらうときに、何気にこのことに気づかない人がいますのできっちり確認するようにしなければなりません。自動車税という税金は自動車の売却で返金されることをあまり知られていない事をいいことに、その事実を説明しない悪質業者もあります。こちらから返金に関しての話をしなければ一切そのことに説明しないという場面もたびたび見受けられます。そのためクルマの買取をする場合は払いすぎたお金が返ってくるのかどうかを確認することを怠らないようにしてください。