www.koleso-kz.com

新聞の宣伝広告、スポーツ紙、電信柱に貼られたチラシやDMで「多重債務の整理整頓やります」「多重債務を統合したくないですか」というような広告を目に入れることがありませんか。こういったものは、「整頓屋」「買取屋」「紹介人」と呼ばれている会社のおとり広告のときがあります。頼んだ場合には自己破産プロセスの中で免責認定を受け取れない可能性もあります。「整頓業者」というのは、ダイレクトメールなどで負債者をおびきよせ法外な代金を取り債務整頓をするのですが、実際は借金整理はされず、一層の債務地獄にはまってしまうケースが大方と予想されます。「買取屋」とは借金で電化用品、旅行のチケットを多量に注文させて負債者から商品を販売額の30%から40%で買取るというやり方をとっています。依頼者は一時はキャッシュが手に入りますが、必ずカード業者経由で商品価格の定価の返済請求がきて、結局のところ借金を増額させる結果となります。クレジットカード会社に対して詐欺であるとされてしまい免責許可を手に入れられません。「紹介人」では大企業の金融業者から断られるようになった負債人に対し融通はしないでおいて、金貸しをしてくれる関係無い業者を知らせて、法外な依頼料を受け取るグループです。紹介屋は手の込んだ苦労で貸出してもらったように話しますが何もしないまま単に審議の緩やかな会社を伝えているというだけです。このときも結局は借金額を増加させることになります。